繁盛点づくりのパートナー
about_us NEWS Column Library ABOUT US Contact Contact
LET'S MEIJI
ホーム >> 愛される店の理由
ソンブルイユ 千代田区富士見/敷地450坪、店舗面積400坪、専用ガーデン200坪付帯、2017年7月14日開店 Vol.17
東京の「ヘソ」に
 敷地は450坪、東京の「ヘソ(中心)」とも呼称される「飯田橋至近」にある。JR飯田橋駅から徒歩2分はかからない抜群の立地、単独棟でのレストランである。「よくここに、こんな土地が」という驚嘆が多々である。
レストラン・ウェディング業態の始祖
 はじまりは、目黒駅至近にあった「エルガーハウス」。1999年の起業だった。本格的なレストラン・ウェディング業態の始祖として高評価を得、2004年に、より本格的で大きなガーデン付レストラン業態を志向し、2店舗目として開店したのが「エメ・ヴィべール」(千代田区二番町)。今般の新店「ソンブルイユ」の原形である。この一世を風靡した「エメ・ヴィべール」は、敷地の賃貸借権が終了し、わずか10年間の盛業後、2014年に閉店に追い込まれた。しかし、その再開を願う顧客や従業員も多く、立地の取得に2年、施設店舗の更地からの開発に、同じく2年をかけた、まさしく「奇跡の復活」である。
事業予測は
 今回の不動産賃貸借は20年間である。散り散りになった手練れスタッフが、ほぼ復職したことが、立地に勝る「最大の競争優位点」だろう。次の優位点は、やはり、旧来からのファンであろう。事業収支計画についての詳細の説明は「秘密・内緒!」だが、初期投下10億円弱の開発に大いに勝算ありである。訪店のうえ、是非、確認をいただきたい。
 
今般の「ソンブルイユ」では、不動産探索及びその賃貸借営業、また新店舗の業態開発や事業収支、金融機関対応、店舗施設の建築設計及び内外装のデザイン全般を受託。繁盛店づくりには、エリア・不動産の取得と、ワンランク上の業態感。また現場の使い勝手がよく耐久性が高いことが、要です。
前のページへ
Vol.1 焼鳥 鳥よし 赤坂店
Vol.2 中国料理 頤和園 霞が関店
Vol.3 富山の漁 紋屋 泉岳寺店
Vol.4 中国割烹 泰南飯店 神保町店
Vol.5 中国料理 神楽坂 芝蘭
Vol.6 中国料理 煌蘭 丸の内店
Vol.7 上海 小南国
Vol.8 湘南おでん 海まる 丸ビル店
Vol.9 中国薬膳料理 星福 銀座本店
Vol.10 鮨処 銀座福助 大崎店
Vol.11 鶏繁 大丸百貨店東京店
Vol.12 コションドール香味屋
Vol.13 目黒雅叙園 旬遊紀
Vol.14 中国料理 煌蘭 川崎店
Vol.15 香港1997
Vol.16 中国料理 頤和園 京橋店
Vol.17 ソンブルイユ
 
ホーム もどる ページトップへ

愛される店の理由|ライブラリー|企業情報|お問い合わせ|著作権|プライバシーポリシー|免責事項

LET'S MEIJI
Copyright© All rights reserved by Let's Meiji CO.,LTD.
Zip 103-0007 31-1, Nihonbashi-Hamacho 2-Chome, Chuo-ku, Tokyo Japan